【会社への副業バレ】住民税はどうすればいい?

副業バレ 住民税

れもん
今回は本業をしながら副業をしている人が副業バレしないための方法について解説するよ。

 

最近では副業を解禁する企業も増えていますが「うちの会社は副業禁止だからバレたらまずい・・・」というひともいるのではないでしょうか。

この記事を読めば副業をバレないようにする行動がわかるのでこれから副業で稼いでいきたい人はぜひチェックしてみてください!

副業を始めてなんにも行動せずにいると副業バレしてしまうので注意しましょう。

 

 

本業をしながら副業【確定申告しない】選択はNG

本業をしながら副業をしている場合、よく確定申告しなければバレないんじゃ?という声を聞きますがこれはNGです。

れもん
副業をしていて確定申告しないというのは脱税になってしまうよ!

面倒ではありますが、副業を始める以上は確定申告は避けられない道なので覚悟して臨みましょう。

 

コレで副業はバレないよ

巷でよく言われている副業バレの原因について、誤解している人が多いようです。

副業バレあるあるのコレは間違い!

マイナンバーは関係ない

よく副業をするとマイナンバーでバレると言われていますね。

これは間違いで、マイナンバーが原因で副業はバレません

ポイント

マイナンバーは行政間が個人の情報を共有する際に使うもの。

例えば年金事務所と地方自治体がマイナンバーを利用して個人の情報を共有する、など

あなたが給料をもらう会社は行政とは関係ないので、会社がマイナンバーを通してあなたの副業を知ることもないんです。

 

開業届を出しても大丈夫

同様の理由で開業届を出しても副業が会社にバレる直接の原因になることはないです。

れもん
副業を始めて軌道に乗ってきたら開業届を出したほうが節税になるので、開業届を検討する人は多いと思います。

開業届を出したら会社にバレるんじゃ・・・?と恐れている人は、安心して提出してくださいね。

 

副業が会社にバレる原因2つ

副業がバレる原因

住民税

副業がバレる原因は住民税です。

 

会社員として給料を受け取っている場合、住民税の流れ

会社 → 税務署へ年末調整で給与報告 → 自治体へ収入報告 → 会社へ住民税の通知

 

これが副業を始めて自分で確定申告を行うと・・・

会社 → 税務署へ年末調整で給与報告 → 年末調整の給与と確定申告の利益を合わせて自治体へ連絡 → 給与+副業の金額の住民税を会社へ通知

 

会社がいつもより住民税の金額が高くなっていることに気付くと副業がバレる原因となってしまいます。

 

会社に副業分の住民税を通知しないためには?

①自治体に会社への通知を年末調整分のみにして!と頼む

②確定申告の際に住民税の支払いを《主給与以外の所得を普通徴収で支払う》と選択する

通常は住民税は会社の給与から天引きとなる《特別徴収》となっています。

これを副業分の住民税だけ自分で支払うということで会社への副業バレを防ぎます。

 

ただし①,②の方法ともに自治体によっては対応してくれないところもあるようなので注意が必要です。

まずは自分が住んでいる地域の自治体に上記の対応が可能かどうか確認してみましょう。

 

れもん
会社に副業を隠すこと自体グレーなので、完璧に隠すということは難しいんですね・・・

 

密告

意外と多いのがなんと密告です。

周りの人が「あの人副業してますよ」と税務署や会社へチクるという・・・

恐ろしいですが、けっこう多いらしいです。。

副業をして稼いでいる人への妬みでしょうね〜

妬みのパワーって何をするか分かりません・・・

 

注意ポイント

副業をしていることは身近な人には絶対言わない!

副業の情報を共有したい場合はSNSなどで匿名で行う

 

副業バレしたくないなら住民税を制するべき

副業が会社にバレる原因は住民税でした。

会社へ副業バレを防ぐために以下のことを守りましょう。

  • 確定申告は必ずする
  • 確定申告時に住民税の対策をとる
  • 副業は黙っておこう

住民税はしっかり対策が取れれば安心ですが、対応は自治体によって異なるようなので必ず自分の自治体に聞いてみましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れもん

家事育児が無給なことに納得がいかない結婚5年目の副業マニア主婦。 【主婦でも自分の力で稼いでハッピーになろう!】をモットーに情報発信していきます。

Copyright© 主婦の副業図鑑 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.