えっこんなに違うの?他よりも安いラクマの販売手数料

れもん
フリマアプリのラクマを利用するのにかかる手数料についての記事をまとめました!
フリマアプリの手数料ってよく分からなくて不安なのよね〜
れもん
ラクマは他のフリマアプリよりも手数料がかなり安いのでお得なんですよ!

 

この記事ではフリマアプリのラクマの手数料についてまとめました。

ぜひチェックしてみてください!

 

 

ラクマの手数料は3.5%(税別)

ラクマの登録は無料で出品・購入自体をするのに手数料はかかりません。

 

出品した商品が売れた時にのみ販売手数料として3.5%(税別)がかかります。

 

3.5%(税別)は商品の販売価格に対してかかります。

れもん
つまり、1000円の商品が売れた時の販売手数料は38.5円ということになります。

 

ラクマ手数料の計算方法

商品の販売価格 × 0.0385 = 販売手数料

 

 

ラクマの手数料は業界最安!

実はラクマの販売手数料は他のフリマアプリに比べてとても安いんです。

 

他のフリマアプリの販売手数料はこちら↓

  • メルカリ・・・10%
  • PayPayフリマ・・・10%

 

10%と3.5%なのでかなり大きな差です!

 

手数料が安いと利益がこんなに変わる!?

実際に販売手数料によってどのくらい利益が変わるのか?具体例を見てみましょう。

アプリ販売価格販売手数料販売利益
メルカリ10,000円1,000円9,000円
PayPayフリマ10,000円1,000円9,000円
ラクマ10,000円385円9,615円

 

10000円の商品だとラクマで販売すると他のアプリよりも615円もお得ということになります。

 

販売価格が安い商品だとそんなに気にならないかもしれませんが、たくさん販売していくことを考えるとかなり差が出てくるでしょう。

れもん
チリも積もれば山となる!です。少しでも販売手数料は節約したいですね。

 

 

なるべくメルカリよりもラクマで売るのがお得

メルカリとラクマではぶっちゃけメルカリのほうが売れやすいのは間違いありません。

メルカリはユーザー数がダントツで多いからです。

 

ただし、ラクマは売れないというわけでもないんですよね。

ココがポイント

メルカリよりは売れるのに時間がかかるかもしれませんが、需要はありますし人気のものであれば即売れることもあります。

 

さっさと売って現金化したい!!!という場合はメルカリをオススメしますが、なるべく利益を取りたいなぁという場合は以下のやり方がオススメです。

まずはラクマに出品して見る → しばらくして売れなければメルカリへ出品

 

ちなみに、メルカリとラクマ同時に出品しても特に問題はありません。

同時に売れてしまうことはほぼないと思うので・・・

商品がどちらかで売れたら、片方の商品ページを削除するのを忘れないようにすればオッケーです。

 

ココに注意

すでに他のアプリで売れた商品を掲載し続けていて購入されてしまった場合、"無在庫出品 ”というルール違反になってしまいます。

 

この場合は購入したユーザーに謝って運営サポートに報告して取引キャンセルするしかありません。

違反行為のため24時間の出品停止などのペナルティを受けてしまう可能性もあるので、気をつけましょう!

 

 

手数料の安いラクマを賢く利用しよう

ラクマは他のフリマアプリに比べて販売手数料が安いのが最大の魅力です。

フリマアプリで稼ぎたい場合はなるべく販売利益を確保することが重要。

たかが数十円〜数百円の手数料でしょ!なんて侮らずに手数料を節約するためにラクマを活用しましょう!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

れもん

家事育児が無給なことに納得がいかない結婚5年目の副業マニア主婦。 【主婦でも自分の力で稼いでハッピーになろう!】をモットーに情報発信していきます。

Copyright© 主婦の副業図鑑 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.